バグの報告に関して

バグが発生した場合は、プレイされているゲームをお選びの上、support [at] enhance-experience.com までメール下さい。

プレイされているゲームをお選び下さい。

Tetris Effect: Connected (Xbox Series X|S, Xbox One or PC)

Tetris Effect (Epic Games Store – PC)

Tetris Effect – PS4/PSVR or Oculus Quest:
バグ報告や困った時には、support [at] enhance-experience.com までメール下さい。

 

===

 

 

TETRIS EFFECT: CONNECTED パッチ1.0.7 [11/27/20]

——–パッチの内容 v1.0.7——–

【お知らせ】

ランクマッチでは1.0.7 のプレイヤーの方は1.0.7のプレイヤーの方とのみマッチングされます。

PC版の方は自動的にパッチが更新されない場合がありますので、必ずアップデートしていただくようお願いいたします。

(フレンドマッチでは、旧バージョンの方ともマッチングできますが、同期ずれなどの問題が発生します。)

  1. [PC] OPTIONS>GRAPHICSでパーティクル量を少ないに設定していた場合、ZONEバトル等でWIN表記が点灯していなかった問題を修正
  2. [ALL] 一部のランキングで最新のRATEに更新されず、RATEの最高値のみが反映されていた問題を修正
  3. [ALL] GRADEの判定を更新 (Xbox Liveのランキングの制限に合わせるため) GRADE2~7はGRADE SCOREのみで判定し、GRADE8~10はGRADE SCORE及びランキング順位により判定するように変更
  4. [ALL] TOP xx%の判定を更新 (Xbox Liveのランキングの制限に合わせるため) また、各モードのTOP xx%表示は上位10,000名のみ表示されるように変更
  5. [PC] 一部のPCで起きている再生ステージの問題を改善するためグラフィック品質の設定が高/最高/カスタムの場合の一部の表現を調整
  6. [ALL] スコアアタック及びクラシックスコアアタックで全体的なパフォーマンスを改善(特にスピードLEVELが切り替わるときの処理負荷を軽減)
  7. [XB1, PC] スコアアタック及びクラシックスコアアタックのパフォーマンス改善のため、影の表現を調整
  8. [PC] スコアアタック及びクラシックスコアアタックのパフォーマンス改善のため、OPTIONS>GRAPHICS>グラフィック品質が低に設定された場合に背景のテトリミノの数を減らすように調整
  9. [XB1] コネクテッド及びコネクテッドバトルのパフォーマンス改善のため、一部のエフェクトを調整
  10. [ALL] Friend Match/Local Matchのコネクテッドバトルにおいて、チーム側のプレイヤーがトップアウトしている状態でボスがトップアウトすると、リトライした際にトップアウトしていたチーム側のプレイヤーの入力が効かなくなる問題を修正
  11. [ALL] マルチプレイにおいて、本来獲得できるはずのボスのアバターとは違うボスのアバターがアンロックしてしまった問題を修正。この不具合によりアンロックしたアバターはそのままお使いいただけます。本パッチをあてることにより、本来獲得するはずだったアバターがアンロックされます。

 

既知の問題
【ALL】

  • Rank Matchをゲストとしてプレイした場合、GRADE SCOREの表示が更新されないことがあります。
    (これは表示の問題であり、正しいGRADE SCOREは集計されランキング登録されています)
    ホストとしてRank Matchをプレイする、もしくはタイトルに戻ってMultiplayerに入り直すと正しく表示されます。
  • Rank Matchをゲストとしてプレイした場合、TOP xx%の表示が更新されません。ホストとしてRank Matchをプレイする、もしくはゲームを再起動すると正しく表示されます。

【XSX|S, XB1】

  • サスペンド復帰後にフレンド招待やオンラインのセッションへの参加に失敗することがある。
    ※このような状況になった場合はアプリの再起動をお願い致します。

【PC】

  • ゲームの起動中のプロファイルの切り替えは有効になりません。
  • 特定のPCでAlt-Tab を繰り返すとハングすることがあります。

*Win 10 PCでプレイの方は マイクロソフトストアページから最新版をダウンロード下さい。

以上

 

 

===

 

 

Tetris Effect: Connected パッチ1.0.6 [11/20/20]

——–パッチの内容 v1.0.6——–

【お知らせ】

ランクマッチでは1.0.6のプレイヤーの方は1.0.6のプレイヤーの方とのみマッチングされます。

PC版の方は自動的にパッチが更新されない場合がありますので、必ずアップデートしていただくようお願いいたします。

また、週末に開催予定のEffect Modeの“Weekend Event”にご参加いただくには1.0.6へのアップデートが必要となります。

(フレンドマッチでは、旧バージョンの方ともマッチングできますが、同期ずれなどの問題が発生します。)

  1. RATEやGRADEスコアの増減の不具合を修正。
  2. 全プレイヤーの全モードのRATEに1500を加算し、新規のプレイヤーは3500からの開始となるように調整。
    ※こちらは引き続き状況を見て調整させて頂く場合がございます。
  3. Rank Match >スコアアタック/クラシックスコアアタックで勝者が確定した時点で終了させるように変更。
    ※これにより勝者がそのままハイスコアを目指してプレイすることができなくなるため、スコアアタックとクラシックスコアアタックのハイスコアのランキングを一時閉鎖させて頂きました。将来的には、負けた側が先にゲームを抜けることができるようにするなどの対応を検討しております。
  4. ZONEバトルで、大きなコンボ数でのお邪魔攻撃のライン数を調整。
    ([0, 1, 1, 2, 2, 3, 3, 4, 4, 4, 5, …] から [0, 1, 1, 2, 2, 2, 3, 3, 3, 3, 3, 3, 4, …]に変更)
    ※こちらは引き続き状況を見て調整させて頂く場合がございます。
  5. コネクテッドバトルの攻撃数値を調整。
    スキルの高いプレイヤーがボスとなった場合に、ほぼ無敵となってしまっていたためバランスを改善しました。
    ※こちらは引き続き状況を見て調整させて頂く場合がございます。
  6. コネクテッドバトルでTetrimidionが攻撃するために必要なラインクリア数を調整。
    ※こちらは引き続き状況を見て調整させて頂く場合がございます。
  7. コネクテッドバトルでのRATEが2000以下のプレイヤーのRATEを3500に変更。
    ※特定のケースでレートが0にリセットされてしまった不具合があったため、調整を入れさせて頂きました。
  8. 特定の状況化におけるミステリーモードのハングを修正。
  9. 【PC】 特定のPCや設定においてクラシックスコアアタックでクラッシュする不具合を修正。
  10. 【XB1】 スコアアタックとクラシックスコアアタックのパフォーマンスを改
  11. 【XSX|S, XB1】 ボイスチャット実装。ボイスチャットを有効にすると、ネットワークの負荷が高い環境ではバトルへの遷移やリザルトから戻る際にクラッシュする可能性があります。このような場合はボイスチャットをOFFにしてください。
    ※デフォルトはオフ。PC版は有効にならない状況があるので調査中です。
  12. 【PC】 特定のコントローラー/サインインの状況でオフラインモードになってしまう不具合を修正。

既知の問題

  • 【XSX|S, XB1, PC】 Friend Match/Local Matchのコネクテッドバトルにおいてチーム側のメンバーがトップアウトしている状態でボスがトップアウトすると、リトライした際にトップアウトしたチーム側のプレイヤーの入力が効かなくなる。
  • 【XSX/S, XB1】 サスペンド復帰後にフレンド招待やオンラインのセッションへの参加に失敗することがある。
    ※このような状況になった場合はアプリの再起動をお願い致します。
  • 【PC】 ゲームの起動中のプロファイルの切り替えは有効になりません。
  • 【PC】 特定のPCでAlt-Tab を繰り返すとハングすることがあります。
  • コネクトバトルとコネクトモードにて、ゲージが満タンになりコネクトするまでの間にチームが全滅した場合、Retryをすると進行不能になる。

*Win 10 PCでプレイの方は マイクロソフトストアページから最新版をダウンロード下さい。

以上

 

 

===

 

 

Tetris Effect: Connected パッチ1.0.5 [11/13/20]

——–パッチの内容 v1.0.5——–

  1. マルチプレイ>ランクマッチ>モードを選択後、SEARCHINGのままマッチングが出来ない問題の改善
  2. Xbox Oneでパーティクルが重いステージのパフォーマンスを改善
  3. 一部のPCにて発生するカレイドスコープステージの処理落ちを修正
  4. Gradeのスコアにおける不具合を修正
  5. マルチプレイのメニューに滞在もしくはメニュー内からランキングなどへの出入りすることによる処理落ちを修正
  6. ローカルマッチ開始時に稀に発生するクラッシュを修正
  7. そのほか軽微な不具合の修正や調整

*Win 10 PCでプレイの方は マイクロソフトストアページから最新版をダウンロード下さい。

 

 

===

既知の問題 [11/18/20]
(Xbox Series X|S, Xbox One, Win 10 PC)

[XSX|S, XB1, PC]

  1. GRADEスコアの不具合修正及びバランス調整
  2. Rank Match >Score Attack/Classic Score Attackで勝者が確定した時点で終了させるように変更

[PC]

  1. 再生ステージなどがPCの特定のグラフィックカードのドライバーでクラッシュしていた問題を改善

その他、ゲーム中の不具合など、調査と対応を進めています。

近々にパッチ1.0.6配信予定です。配信され次第詳細をお知らせしますので今しばらくお待ちください。

===

既知の問題 [11/12/20]
(Xbox Series X|S, Xbox One, Win 10 PC)

[XSX|S, XB1, PC]

  1. マルチプレイ>ランクマッチ>モードを選択後、SEARCHINGのままマッチングが出来ない不具合
  2. GradeのスコアやTop%表示における不具合
  3. コネクテッドモードなどでホストしか振動しないことがある不具合
  4. マルチプレイのメニューに滞在もしくはメニュー内からランキングなどへの出入りすることによる処理落ち
  5. ローカルマッチ開始時に稀に発生するクラッシュ

[PC]

  1. 一部のPCにて発生するカレイドスコープステージの処理落ち
  2. 一部のPCにて発生するザ・ディープやスピリット・キャニオンのクラッシュ
  3. 一部のAMD系のPCで起動しない問題(グラフィックカードのドライバやWindowsを最新にアップデートをお願いいたします)

その他、ゲーム中の不具合など、調査と対応を進めています。

===

FATAL ERROR クラッシュが発生した場合(AMDグラフィックカード)

  1. グラフィックカードのドライバ及びWindowsを最新にアップデート下さい
  2. PCを再起動.
  3. ゲームを再度立上げ、問題が解決しなかった場合は下記「バグ報告に関して」にある情報をお送り下さいますようお願いします

===

PCでの起動に関してお困りの際

  1. すべてのドライバとWindowsを最新にアップデートかどうか確認下さい
  2. お使いのPCのスペックをご確認ください(下記必須と推奨動作環境)

*現在VRはEpic Games Store版のみ対応。Windows 10版のVR対応アップデートは2020年年末を予定しています。

 

Windows 10 PC

必須動作環境
OS: Windows 10 (64-bit)
プロセッサーr: Intel i3-4340
メモリ: 4 GB RAM
グラフィックボード: NVIDIA GTX 750 Ti と同等以上
DirectX: Version 11
空き容量: 5 GB
サウンドカード: DirectX 11 対応カード
推奨動作環境
OS: Windows 10 (64-bit)
プロセッサー: Intel i5-4590
メモリ: 8 GB RAM
グラフィックボード: NVIDIA GTX 970 と同等以上
空き容量: 5 GB
DirectX: Version 11
サウンドカード: DirectX 11 対応カード
追記:GTX 1070 と同等以上推奨

 

Epic Games Store PC

必須動作環境
OS: Windows 7/8/10 (64-bit)
プロセッサー: Intel i3-4340
メモリ: 4 GB RAM
グラフィックボード: NVIDIA GTX 750 Ti と同等以上DirectX: Version 11
空き容量: 5 GB
サウンドカード: DirectX 11 対応カード
推奨動作環境
OS: Windows 7/8/10 (64-bit)
プロセッサー: Intel i5-4590 (VRは必須)
メモリ: 8 GB RAM
グラフィックボード: NVIDIA GTX 970 同等(VRは必須)
空き容量: 5 GB
DirectX: Version 11
サウンドカード: DirectX 11対応カード
追記:VRはGTX 1070 と同等以上推奨

 

 

DxDiagデータの作成方法

  1. [WINDOWS] + [R]を同時押し、「ファイル名を指定して実行」を表示
  2. コマンドボックスに、dxdiag と入力し、リターンキーを押すと、DirectX 診断ツールが起動
  3. 診断ツールが起動したら、「64-bit DxDiagを実行」というボタンを確認、クリック
  4. 「情報をすべて保存」をクリック
  5. ファイル名は変更せず、情報をデスクトップに保存する (テキストファイルになります)

 

 

====

 

 

Tetris Effect: Connected (Xbox Series X|S, Xbox One または PC)

バグの報告に関して

バグが発生した場合は、バグの内容と下記情報を support [at] enhance-experience.comまでメール下さい。原因究明に役立ちますのでご協力お願いします。

  1. デバイス情報: Xbox Series X|S, Xbox One または PC
  2. バージョン情報 (タイトル画面左下に v. 1.X.Xと表示されています)
  3. DxDiag.exeでのデータ (PCでプレイされている方)

ご使用のPCスペックとスクリーンショットや動画もあれば併せてお送り下さい。

  • PCのモデル
  • Windows OSのバージョン
  • GPU CPU
  • ディスプレイモニターの情報
  • お使いの操作方法 (マウス/キーボード/ゲームコントローラ) 
    • もしトラブルがゲームコントローラ関連である場合は、型番もお知らせ下さい。

 

 

====

 

 

Tetris Effect Epic Games Store PC

バグの報告に関して

バグが発生した場合は、バグの内容と下記情報を support [at] enhance-experience.comまでメール下さい。原因究明に役立ちますのでご協力お願いします。

  • DxDiag.exeでのデータ(上記参照)
  • PCのモデル
  • Windows OSのバージョン
  • GPU CPU
  • ディスプレイモニターの情報
  • お使いの操作方法 (マウス/キーボード/ゲームコントローラ) もしトラブルがゲームコントローラ関連である場合は、型番もお知らせ下さい。
  • スクリーンショットや動画もあれば併せてお送り下さい。
  1. 対応VRヘッドセット

   Oculus Rift と HTC VIVE

  1. Oculus RiftまたはHTC VIVEでのモード選択
  • Oculusでプレイされる場合は、Launchの右のあるギア(歯車)のアイコンを選択、Launch in Oculus VRを選択して下さい
  • HTC VIVEでプレイされる場合は、Launchの右のあるギア(歯車)のアイコンを選択、Launch in Steam VRを選択して下さい
  1. 立上げ時にMicrosoft Visual C Runtime または Direct X のエラーが出た場合

   このゲームの立上げには Direct X June 2010, Visual C++ Redist 2015が必須です。

   \TetrisEffect\SharedRuntime内にある “vc_redist.x64.exe,” “directx_Jun2010_redist.exe”をインストール下さい。 

この他、よくある質問と回答集はこちらにあります。(英語のみ)